NEWS

ハイスピードギア社がH&K社の分隊選抜射手小銃(SDMR)契約の一環で「TACO」ポーチ×3万個を供給

海外軍事 Comments(0)
ハイスピードギア社がH&K社の分隊選抜射手小銃(SDMR)契約の一環で「TACO」ポーチ×3万個を供給
Photo from High Speed Gear Inc (HSGI)
米装備メーカーのハイスピードギア社(HSGI)が、陸軍の分隊選抜射手小銃(SDMR: Suad Designated Marksman Rifle)契約の一環で、H&K社との間において「TACOポーチ」×3万個の供給契約を交わした。

関連記事:
米陸軍が新型「分隊選抜射手ライフル(SDM-R)」『M110A1』の試験写真を公開
TACOポーチは射出成形されたポリマーサイドと、正面/背後に1,000デニアのコーデュラ製ナイロンを配し、バンジーコード(ショックコードレーシング)を使うことにより、あらゆる形状のライフル用弾倉を適度なテンションと共に保持できるその機能性の高さに特徴を持つ。

同社製品については先日、海兵隊が「X2R TACO MOLLEポーチ(ウッドランド、コヨーテタン)」×15万個・計360万ドル(約3.8億円)相当の購入契約に至ったことが発表されている。

関連記事:
米海兵隊 PMAG用にHSGI社のX2R TACO弾倉ポーチ15万個を購入

Source: HSGI to Provide 30K TACO Pouches as Part of H&K’S SDMR Contract

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
70歳になってからタリバン掃討作戦に参加した歴戦のCIAコントラクターが存在する
USマーシャルの特殊作戦グループがSTI社のハイキャパシティオートを制式拳銃に採用
米シークレットサービスが第5世代グロック19を新たに制式拳銃として採用
米空軍が戦闘機パイロットの前立腺ガン罹患率を調査
僅か50ミリ秒で獲物の動きに反応して95%の確率で狩りを成功させる『トンボ』から学ぶ新型ミサイルの研究
米国防総省が非殺傷兵器としてレーザー光で生成する「しゃべる人魂」を開発中
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 70歳になってからタリバン掃討作戦に参加した歴戦のCIAコントラクターが存在する (2019-08-22 11:04)
 USマーシャルの特殊作戦グループがSTI社のハイキャパシティオートを制式拳銃に採用 (2019-08-20 11:00)
 米シークレットサービスが第5世代グロック19を新たに制式拳銃として採用 (2019-08-09 12:34)
 米空軍が戦闘機パイロットの前立腺ガン罹患率を調査 (2019-08-08 14:59)
 僅か50ミリ秒で獲物の動きに反応して95%の確率で狩りを成功させる『トンボ』から学ぶ新型ミサイルの研究 (2019-08-08 14:41)
 米国防総省が非殺傷兵器としてレーザー光で生成する「しゃべる人魂」を開発中 (2019-08-05 19:15)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop