NEWS

ハイスピードギア社がH&K社の分隊選抜射手小銃(SDMR)契約の一環で「TACO」ポーチ×3万個を供給

海外軍事 Comments(0)
ハイスピードギア社がH&K社の分隊選抜射手小銃(SDMR)契約の一環で「TACO」ポーチ×3万個を供給
Photo from High Speed Gear Inc (HSGI)
米装備メーカーのハイスピードギア社(HSGI)が、陸軍の分隊選抜射手小銃(SDMR: Suad Designated Marksman Rifle)契約の一環で、H&K社との間において「TACOポーチ」×3万個の供給契約を交わした。

関連記事:
米陸軍が新型「分隊選抜射手ライフル(SDM-R)」『M110A1』の試験写真を公開
TACOポーチは射出成形されたポリマーサイドと、正面/背後に1,000デニアのコーデュラ製ナイロンを配し、バンジーコード(ショックコードレーシング)を使うことにより、あらゆる形状のライフル用弾倉を適度なテンションと共に保持できるその機能性の高さに特徴を持つ。

同社製品については先日、海兵隊が「X2R TACO MOLLEポーチ(ウッドランド、コヨーテタン)」×15万個・計360万ドル(約3.8億円)相当の購入契約に至ったことが発表されている。

関連記事:
米海兵隊 PMAG用にHSGI社のX2R TACO弾倉ポーチ15万個を購入

Source: HSGI to Provide 30K TACO Pouches as Part of H&K’S SDMR Contract

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
新型コロナ 中東・北アフリカ情勢に大きな影響を与える
ベトナム戦争中の爆撃クレーターを衛星画像から発見する機械学習アルゴリズムをオハイオ州立大学の研究者が開発
ドイツ陸軍が7.62mmNATO口径の短距離向けセミオート狙撃銃の公募開始
アメリカ海兵隊 対中国戦略の一環として戦車部隊の廃止を計画
アメリカ陸軍 M4カービンのアップデート計画に約5億円の予算を想定
アメリカ陸軍 退役医療技術者にCOVID-19対策支援への参加を呼びかけ
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 新型コロナ 中東・北アフリカ情勢に大きな影響を与える (2020-04-07 19:43)
 ベトナム戦争中の爆撃クレーターを衛星画像から発見する機械学習アルゴリズムをオハイオ州立大学の研究者が開発 (2020-04-06 21:56)
 ドイツ陸軍が7.62mmNATO口径の短距離向けセミオート狙撃銃の公募開始 (2020-04-03 19:15)
 アメリカ海兵隊 対中国戦略の一環として戦車部隊の廃止を計画 (2020-04-01 21:30)
 アメリカ陸軍 M4カービンのアップデート計画に約5億円の予算を想定 (2020-03-31 21:49)
 アメリカ陸軍 退役医療技術者にCOVID-19対策支援への参加を呼びかけ (2020-03-30 18:22)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop