NEWS

女性兵士が初めて「グリーンベレー」選抜テストの第1段階を突破し「Qコース」に進出

海外軍事 Comments(0)

Photo from U.S. Army
This photo is for illustrative purposes only.
アメリカ陸軍は2013年に女性の戦闘部隊配属制限を撤廃、以来、様々な部隊で女性が活躍しているが、最後の「空白地帯」であった特殊部隊、グリーンベレーにも女性隊員が誕生するかもしれない。先日、米陸軍特殊部隊USASOC広報はグリーンベレー選抜の最初の関門である「A&S」を突破した女性が初めて現れたと公表した。なお合格した女性兵士の名前や階級等は伏せられている。
USASOCはアフガニスタンで女性だけのCSTを編成し、いわゆる「ハーツ&マインズ」作戦に投入した実績がある。しかし彼女らはあくまでも一般兵であり、女性グリーンベレーは2016年の受験制限緩和後も誕生していない。

USASOC が編成した女性だけのチーム「CST」の兵士のノンフィクション「Ashley’s War」が出版 - ミリブロNews

女性兵士は、今後「Qコース」を経て、これを突破すれば晴れてグリーンベレーが授与される。「Qコース」は近年、体力に関する基準が下げられていると言われており、体力的に不利な女性からもいよいよグリーンベレーが誕生するのかもしれない。

特集:米軍特殊部隊 ― アメリカ陸軍特殊部隊 USASOC編 - ミリブロNews
「グリーンベレー選抜はいまやフリーパスに等しい」内部からの告発文について軍が調査を開始 - ミリブロNews

Source: A female soldier has made it through the Army’s Special Forces selection

Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201811
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米移民税関捜査局(ICE)がフェデラル・アミュニション社との間で「.223レミントン弾」と訓練弾×約85億円の供給を契約
米陸軍特殊部隊の教育施設「J.F.K.特殊戦センター」が約5億ドルの予算で施設更新中
B&T USA社のサイレンサー内蔵ピストルキャリバーカービン「APC-SD」をニューヨーク州の郡警察が採用
今度は牛肉!「ブラックウォーター」ブランドを使ったプリンス氏の新事業『Blackwater Beef』
ロシア軍特殊部隊向けカラシニコフ社の極寒地用装備計画『ナヌーク(Nanook)プロジェクト』
FNアメリカ社が陸軍から『M240』汎用機関銃の改良契約・14.6億円超の案件を受注
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米移民税関捜査局(ICE)がフェデラル・アミュニション社との間で「.223レミントン弾」と訓練弾×約85億円の供給を契約 (2018-12-13 12:16)
 米陸軍特殊部隊の教育施設「J.F.K.特殊戦センター」が約5億ドルの予算で施設更新中 (2018-12-12 16:46)
 B&T USA社のサイレンサー内蔵ピストルキャリバーカービン「APC-SD」をニューヨーク州の郡警察が採用 (2018-12-11 18:46)
 今度は牛肉!「ブラックウォーター」ブランドを使ったプリンス氏の新事業『Blackwater Beef』 (2018-12-11 14:40)
 ロシア軍特殊部隊向けカラシニコフ社の極寒地用装備計画『ナヌーク(Nanook)プロジェクト』 (2018-12-10 16:17)
 FNアメリカ社が陸軍から『M240』汎用機関銃の改良契約・14.6億円超の案件を受注 (2018-12-10 13:38)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop